ETC クレジットなし

MENU

「クレジットなしのETCカード」 ココにあります。

クレジットなしのETCカードをお探しでしょうか。

ETCクレジットなし!知っている人だけが得をするカード!

 

当サイトでは、ETCカードでもクレジットなしを発行してもらえるカードをご紹介します。

 

通常、クレジットカード会社が発行するETCカードにはクレジット機能がついています。

 

しかし、ここでご紹介するカードは、クレジットなしのETCカードを発行してもらうことができます。

 

高速情報協同組合発行のカードは、中小企業を応援するために組織されていますので、クレジットカード会社が発行するETCカードとは違ったざまなメリットがあります。詳しくはリンク先の公式サイトをご確認のうえお申込みください。

 

法人様や個人事業主様は、ぜひご活用ください。

ETCカードでクレジット機能なしでおすすめはココ!

高速情報協同組合のETCカード



■所在地が東京・大阪周辺、利用金額が少ない(1枚3,000円以下/月)方はこのETCカードがおすすめ!

 

新会社でもお手続きが簡単につくれるETC専用カードです。(クレジット機能なし)

 

その他の大きな特徴としては、クレジット機能が無いことです。また、走る曜日や時間帯にあわせてお得な割引を受けることができます。

■休日割引・・・・50%OFF
(平成26年6月末まで。以後は30%OFF)
■深夜割引・・・・30%OFF

 

「翌々月5日」に口座振替のETCカードはコチラ!

 

 

「翌々月8日」に対応。新しいETCカードはコチラ!

 

出資金(脱退時返金

カード発行手数料

取扱手数料

10,000円/1社

540円(税込)/1枚

540円(税込)/1枚(年1回)

 

高速情報協同組合のETCカード


■朝夕の通勤時間帯をよく利用され利用回数も多い方はこのETCカードがおすすめ!

 

個人事業主や新会社でも作ることができるETCカードです。

 

このカードはクレジット機能が付いていないのに高速道路料金を後払いすることができる数少ないカードです。

 

発行するにあたり必要な経費としては、出資金1万円とカード発行手数料が1枚につき540円、取扱手数料が年1回カード1枚につき540円が必要です。出資金の1万円については、脱退時に返金されます。

 

→詳しくはコチラ!

出資金(脱退時返金

カード発行手数料

取扱手数料

10,000円/1社

540円(税込)/1枚

540円(税込)/1枚(年1回)

 

高速情報協同組合のETCカード


■首都・阪神高速の利用が主、または利用金額は少ないが、従業員の管理が容易な利用車両限定のカードが欲しい方はこのETCカードがおすすめ!

 

クレジット系のETCカードは割引が適用されないというのをご存知でしたか?
このカードもクレジット機能なしのETCカードです。首都・阪神高速をよく利用される方はこのETCカードを持つことでお得な割引を受けることができます。

 

→詳しくはコチラ!

出資金(脱退時返金

カード発行手数料

取扱手数料

10,000円/1社

617円(税込)/1枚

617円(税込)/1枚(年1回)

 

年会費無料!「ETCスルーカードN」



「ETCスルーカードN」は、クレジット機能なしのETC専用カードになります。年会費無料で何枚でも発行してもらうことができるため、社員の方のETCカードに最適です。

 

無料の「ETCスルーカードN」を作るためには、まず、「ETC/JCB法人カード」(年会費1,312円)を1枚つくる必要があります。(「ETCスルーカードN」の高速道路料金は、この「ETC/JCB法人カード」からの支払いになります。)

 

申込みのタイミングでは、5,000円分のギフトカードのプレゼントや初年度の年会費が無料になる特典が付いています。

 

→詳しくはコチラ!

ETCスルーカードN

ETC/JCB一般法人カード

ETC/JCBゴールド法人カード

年会費 永年無料

年会費 1,250円(税別)

※初年度無料

年会費 10,000円(税別)

※初年度無料

ETCカード。クレジットなしについて

クレジットなしのETCカードのメリット

 

ETCクレジットなし!知っている人だけが得をするカード!

ここでご紹介するETCカード(クレジットなし)にはさまざまなメリットがあります。

 

まずは、現金を従業員に渡さなくてもよくなります。ETCカードの利用に関しては、利用明細(請求書)が発行されます。

 

利用明細には、高速道路のインター入口と出口の名称が記載され、カードごとに金額がわかるようになっています。

 

つまり、このECCカードは、管理が非常に簡単になるのです。

 

また、ETCカードは必要な枚数発行可能です。レンタカーや社員の車にも利用できます。その他いろいろなメリットは公式サイトでご確認ください。

 

→カード発行までの流れ

ETCカードとは

ETCクレジットなし!知っている人だけが得をするカード!

ETCカードとは、高速道路の支払いに使うカードのことです。車に取り付けた車載器にETCカードを差し込んで使用します。

 

このカードができたおかげで高速道路の入り口と出口で停車する必要がなくなり非常に便利になりました。

 

ETCができるまでは、高速道路入り口で通行券を取る必要があり、出口では、料金を現金支払うためにまたもや停車する必要がありました。

 

通行券と似ているシステムとしては、電車に乗る時の切符がありますが、電車と違うところは降りるところで料金を支払うところです。

 

この高速道路の出口で料金の支払いにもたつくと、行列ができたりします。また、交通量が多いときも料金所付近は渋滞し、一種の問題となっていました。

 

それを解消するために生まれたのがETCシステムです。

 

このシステムを使うことで、交通渋滞が大幅に緩和されるだけでなく、高速道路の料金の支払いは銀行口座から引き落とされるため、現金をもたなくても高速道路を利用することができるようになったのです。

 

今ではETCシステムを利用する車が大幅に増えています。

 

ETCカードは2種類

ETCクレジットなし!知っている人だけが得をするカード!

このETCカードには大きく分けて2種類あります。

 

1つはクレジット一体型です。

 

これはクレジットカードにETC決済機能を付帯させたカードになります。

 

もう1つはETC専用カードです。

 

これはクレジットカードとは別にETC車載機用のカードを発行したもので、主にこちらのカードを総称してETCカードといいます。

 

このクレジットカード機能がないETCカードは、法人に人気です。

 

なぜなら、クレジット機能がなければ安心してカードを渡すことができるだけでなく、高速道路を利用した記録がデータとして残るため、従業員の管理が非常に便利なるからです。

 

また、ETCカードを使うことで高速道路の利用料金が割引されることがあるため、経費の節約にもなります。もちろん従業員に現金を渡す必要がなくなるというのもメリットのひとつといえるでしょう。

 

ETCカードはいつからあるの?

 

このETCシステムは平成5年に実験運用が開始され、10年後にはほぼ全国の高速道路で利用できるようになりました。

 

今ではETCシステムを利用するユーザーも増え、ETCカードもそれに伴い普及しています。

 

このETCカードは新しい料金決済システムとして、今では多くの人が利用しています。

 

支払いは後払いのクレジット方式を採用している会社がほとんどです。後日精算というやつですね。

 

しかもどこをどう走ったのかという履歴もインターネットで閲覧できます。

 

→クレジット機能「あり」のETCカードを申込む
→クレジット機能「なし」のETCカードを申込む

ガソリン代を安くしたいならコチラ!

・1リットルあたり最大7円引き!
・年会費無料!(年1回の利用で)
・ポイント還元も凄い!


ポイント還元率3倍以上のクレジットカードならコチラ!

ETCクレジットなし!知っている人だけが得をするカード!

あなたは、ポイント還元率が一般的なカードよりも3倍以上も高いカードをご存知でしょうか。

 

もし、それを知らずに毎日を過ごしているとすれば、あなたは大きな損をしていると言っても言い過ぎではありません。

 

また、貯まったポイントで何でも好きなものを買物ができる使いやすいカードなどもあります。

 

詳しくはコチラをクリック→還元率が高く、ポイントが使いやすいカード

 

 

 

<< | ページの先頭に戻る | ETCのメリット >>